高麗人参と好転反応

高麗人参はその効能の範囲の広さや効果の大きさから漢方薬の王様と呼ばれることもあります。
一般的に効果の大きい薬には反面、副作用も大きいことが懸念事項としてあげられます。
高麗人参を摂取した方の中には摂取された後に体調変化をきたし、副作用が起きたと思われる方もいらっしゃるようです。
確かに体調変化がおきることがあるようですが、東洋医学において漢方薬を飲むと一時的に体調変化が出るのは通常のことで副作用とは違って好転反応と呼んでいます。

好転反応とは、例えば整体などで身体のマッサージを受けた際に起きる「揉み返し」と呼ばれる現象と同じようなものなのです。
高麗人参を摂取した後に起こる好転反応にはどのようなものがあるのでしょうか?例えば、眠気や胃痛、下痢、便秘、頭痛、湿疹、動悸、血圧のブレや利尿作用などがあります。
個人差がありますので出ない方もいらっしゃることでしょう。
でもこのような症状が出たとしても、それは高麗人参の効果が出る過程で起こっていることですので心配の必要はなく、一般的には一週間程度で、長くても一ヶ月程度では治まります。
治まらなければ別の要因が考えられますので、医師の診断を受けるようにしましょう。

高麗人参は漢方ですので即効性は期待できません。
サプリメントと同じく、長い期間をかけて体質を調整していくものになりますので、前述の好転反応が出たとしても徐々に身体をなじませていくようにすることが大切です。
そのために好転反応が出た際にも決して無理をせずに体調に合わせていくようにしましょう。
その具体的な方法は、量を減らすこと、タイミングを変えること、いったん止めてみることの3つの対処方法があります。
まずは一日あたりの摂取量を減らしてみましょう。
例えば一日の標準摂取量が2粒だったとしたら半分の1粒にしてみると言った具合です。
タイミングを変えると言うことは、いままで朝に飲んでいたのでしたらそれを夜に変更するといったように変えてみましょう。
そしていったん止めてみることも考えましょう。
いったん止めてみて症状が治まったら少量から再開して徐々に身体をなじませていくようにしましょう。

好転反応は副作用ではありません。
副作用では治ることのない症状が好転反応の場合には身体がなじんでくるにつれて自然と治まってくるからです。
このような好転反応が出た場合にはむしろ具体的な効果が出てくる証と考えて良いでしょう。
好転反応が出た後は先のような対処方法を試してみるなどして体をなじませ、高麗人参の効果を実感できていると考えるようにしましょう。
しかし、1ヶ月経ってもその症状が治まらないようでしたら医師の診断を受けるようにしましょう。