高麗人参と腰痛

日本人の働き方の中でデスクワークが多く中でも長時間パソコンでの作業が多い方や、重い荷物を持ったり運んだりする仕事を行っている人など、日常的に腰に負担がかかっている方が増えています。
このような時に「私は若いから大丈夫」と年齢で判断する方が多いようですが、腰痛は年齢には関係ないものと認識する必要があります。
幼いころから姿勢が悪かったとか、部活で肉体に過度な負担がかかった結果、若い時でも腰痛を発生することはあるのです。

腰痛には緊張性腰痛と言われる筋肉由来の腰痛と鈍い痛みのある慢性の腰痛があります。
緊張性腰痛は長い時間同じ姿勢を維持したことが原因で、腰に負担がかかることから交感神経が優位になって他の筋肉までもが緊張してしまう状態なのです。
またもっとも多い腰痛の原因は椎間板に由来するもので、椎間板ヘルニアと呼ばれるものになります。
この椎間板と言うのは固い背骨と背骨を繋ぐクッションのような役割を担っているもので、椎間板の老化はすでに20歳ころから始まっているのです。
この椎間板がすり減ることによって神経を圧迫することになり痛みを生じるのです。
このような椎間板の老化は予防することはできませんが、椎間板へ過度の負担がかかることを避けることはもとより、椎間板がすり減ったときにでも神経の通り道を広げることが腰痛予防の基本となります。
一方でぎっくり腰のような急に激しい痛みが出たときの対処法としてはまずは患部を冷やすことが大切です。
冷やすことによって炎症を抑えて疾患が拡大を抑えるのです。
そして急性期をすぎれば今度は温めて血流をよくすることで回復を早くできます。

高麗人参には自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを調整する役割があることから神経系のトラブルの改善効果が期待できます。
つまり、交感神経が優位になった場合にはその鎮静化を促すことで症状を和らげることができます。
そして高麗人参が持つ血流改善効果によって急性期を過ぎた患部を温めることで早い回復を促すことも期待できます。
また、肥満や高血糖が原因で過度な負担がかかり腰痛の原因となっているような場合には高麗人参の主要成分であるサポニンが悪玉コレステロールを分解し、善玉コレステロールを増加させる効果や、血流改善効果によって体脂肪率を軽減することができます。
直接腰痛に関わることではありませんが、骨粗しょう症が女性ホルモンの減少によって骨量が減少することですので、自律神経を調整する高麗人参の効果が期待できる症状の一つであると言えます。

このように、腰痛に関しては腰に過度な負担がかかることを避けるのはもちろんのこと、腰痛のみではなく、骨粗しょう症にも良い影響が期待できる高麗人参を若いころから日常的に摂取することで腰痛の予防に心がけましょう。
高麗人参の摂取方法はいくつかありますが、サプリメントやお茶タイプが飲みやすく毎日続けやすいでしょう。
参考URL
http://www.gosgmp.com/gosgmp10.html
上記のサイトでは、人気の高麗人参サプリメントのランキングが載っています。
高麗人参製品の選び方に迷っているあなた。 まずは、多くの方から人気のサプリメントから始めてみると良いでしょう。