高麗人参ってどんな味?

「高麗人参ってどんな味?」 多くの効能があり、4000年と言う長きにわたって愛用され続けてきた高麗人参ですが、そのお味はどのようなものなのでしょか?
飲料やサプリメントなどほかの材料と一緒に加工されたものでしたら人工的な味付けがなされているものもあると思います。
高麗人参特有の味を味わうことはできませんが、いつでもどこでも携帯に便利なサプリメントタイプは忙しいあなたにおすすめです。
参考URL
http://www.myrtlebeachimax.com/02carrot.html
ここでは高麗人参の味についてまとめました。

「良薬口に苦し」という言葉がありますが、高麗人参においてもその表現は当っているでしょう。
土の中から掘り出された高麗人参をかじってみると土臭い味がしてとてもおいしいと言えたものではありません。
漢方であるゆえんでもあるかも知れませんが、漢方臭いという表現が合っているようです。

漢方薬は即効性のあるものではなく、長く続けてこそその効能を享受することができるのです。
味が自分に合わないとなかなか続けるのは難しくなってきます。
そこで、例えば煎じてお茶として飲用される方は最初は薄味にして時間をかけて通常の濃さに戻し、その間に味になれると言った方法をとってもいいかも知れません。
レモンを絞ってみるのもいいでしょう。
高麗人参を生で食す方はいらっしゃらないと思いますが、いろんなものと混ぜて服用する方法を考えてみてもいいのではないでしょうか?

甘さを味わいたいのであればハチミツを加えてみるのもいいでしょう。
また、先にも述べましたがレモンを添えるのもさっぱりした味を楽しめます。
生姜を加えることで、よりからだを温める効果が出ることでしょう。
この時、生姜には混ぜ物がないものを選ぶようにしましょう。
高麗人参をお酒で飲むこともできます。
炭酸水で割ったり、カシスで割ったりして楽しみましょう。
また、栄養ドリンクと一緒に飲むこともいいかも知れませんね。
ミルクティーやカフェオレなどに混ぜて飲むと味をよりマイルドなものにできます。
このようにご自身のお好きな飲み物に混ぜて飲用することを試してみられるといいでしょう。
その中でご自身に合う飲用の仕方を工夫してみてください。

飲み物ばかりではなく、料理に応用することも考えましょう。
例えば韓国の参鶏湯には高麗人参が使われていますし、キムチと一緒につけこんで一緒に食べる方法もあります。
このようにご自身の好きなもの、いつも食されているもの、飲用されているものに含んで摂取するようにすることで長い期間にわたって服用することができるようになると思います。
高麗人参にはサポニンという成分が豊富に含まれているため、毎日摂り続けて体に嬉しい効果を発揮してもらいましょう!!
ぜひあなたの日常生活の中で自然に摂取できるように工夫を凝らしてみてください。
高麗人参の中でも高級と言われる6年根について下記サイトで紹介されています。
参考URL
http://www.nanafujikawa.jp/rok.html